6/28データ・ドリブン推進研究会 第5回目ワーキング・セミナー


本ワーキングは、日本の組織が人事データ分析を起点とした人材マネジメント、いわゆるデータ・ドリブンHRを推進していくことを目的に活動を行っています。組織の中でデータ・ドリブンHRに取り組もうとしても、そもそもデータを収集する仕組みが無かったり、上層部に取り組みを疑問視されたりするなど、手法論云々以前に組織的な課題にぶつかることが多いのも事実です。本ワーキングでは、特にこうした組織的な課題を取り上げ、「いかにして組織的な課題を突破してデータ・ドリブンHRを進めていくか」という観点に力点を置いて情報発信・議論を行っています。

 前回のワーキングでは、「ISO 30414」に関する理解を深め、近い将来におけるデータ・ドリブンHRの在り様について考察しました。そして、今回のワーキングでは前回より射程を拡げ、「デジタル化の潮流から考察するデータ・ドリブンHRの到達点」をテーマとします。多くの組織において、従業員は絶えずモバイルやシステムなどのデジタル技術に囲まれながら仕事をしています。今後、従業員に関するデータについても、属性データや能力データなどの人事データに限らず、行動データなどより一層多様データ(=人事イベント以外にも活用できる日々の現場のデータ)を頻繁に収集できるようになってくることが予想されます。

また、そうした行動のログに留まらず、近い将来、仕事やキャリアにおいて課題に直面した際の従業員の行動やその結果に関する情報を「ナレッジ化」して蓄積していくことが可能になると考えられます。今回のワーキングでは、そうした未来における人事データプラットフォームの在り方や人事に求められる新しい役割について、情報提供・ディスカッションをしていきたいと考えています。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【開催概要】
データ・ドリブンHR推進研究会 第5回目ワーキング
日程:2021年6月28日(月) 17:30~18:30
実施方法:Zoomにて実施いたします。
参加費:無料
定員:30名
申込期日:2021年6月25日(金)
※協会会員、これまでの回の参加者を優先させて頂きます。
※事務局からご招待メール及びZoomのIDが届いた方のみ参加可能となります。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【当日プログラム】
1. 当日プログラム全体説明(17:30~17:35)
協会研究員 方山 大地 (日本総合研究所 リサーチ・コンサルティング部門)
2. デジタル化の潮流から考察するデータ・ドリブンHRの到達点(17:35~18:00)
協会研究員 藤澤 優
3. ディスカッション「ナレッジセンターとしての人事の役割」(18:00~18:15)
4. 全体まとめ・全体質疑(18:15~18:30)
※今回もオンラインでの実施となるため、全体での質疑応答の時間を最後にまとめて設けます。
※上記プログラムは、一部順番等が変更になる可能性がございます。

【ワーキンググループリーダー・プロフィール
方山 大地
株式会社日本総合研究所 リサーチ・コンサルティング部門 コンサルタント。
専門は人事・組織マネジメント。近年は、HRテクノロジーを活用した人材マネジメントの在り方や組織内における人事データの利活用について調査・研究を行っている。
お名前

 

メールアドレス

▼確認のため、再度メールアドレスの入力をお願いします。

会社名 / 学校名

 

ご所属

 

所属部署または学部
参加者属性
※参加は幣協会 法人正会員・研究員・アドバイザーのみとします。
※非会員は参加できませんが、近日ご入会予定の企業のみ参加を認める場合がございます。
※法人正会員の審査は本ワーキンググループとは関係なく行わせて頂きます。
ご入会予定月(非会員と答えた方)
※非会員の方は必ずお答えください
※もし非会員でセミナーに参加頂いた方で、その後の入会が無かった場合は年会費と同額の参加費をお支払い頂きます。