健康経営フォーラム2021


開催概要

開催趣旨

以下を目的に「健康経営フォーラム2021」を開催します。

●企業の人事労務担当者へ医療健康情報を提供し、従業員の健康維持、更に企業全体の活力アップに役立てていただくこと
●健康経営事業の推進・発展を支援すること

参加対象者

中小企業の経営者や人事労務担当者等


参加方法(本フォーラムには2種類の参加方法があります。どちらの参加方法でもセミナー内容は同じです。)

①会場開催について(会場は2か所からお選びいただけます)

1. 名古屋会場
□定員/50名
□参加無料
□開催日時/10月21日(木)10:30~15:20(受付/10:00~)
※名古屋会場は、午前と午後の間に昼休憩(12:05~13:10)を挟みます。
□会場/中日新聞社本社  見学者ホール(名古屋市中区三の丸一丁目6番1号)
□アクセス/名古屋市地下鉄鶴舞線・桜通線「丸の内駅」1番出口から徒歩7分・名古屋市地下鉄名城線「市役所駅」5番出口から徒歩10分
□駐車場/無料駐車場は台数に限りがありますので、なるべく公共交通機関でお越しください。

★お申込み締切(先着):10月14日(木)
名古屋会場のお申込み締切を延長しました(定員に達し次第、お申込みは終了します)。
  

2. 刈谷会場
□定員/50名
□参加無料
□開催日時/11月25日(木)12:50~16:00(受付/12:20~)
□会場/刈谷市産業振興センター 小ホール(刈谷市相生町1丁目1番地6)
□アクセス/JR刈谷駅(北口)・名鉄刈谷駅(北口)から徒歩3分
□駐車場/なし ※会場に駐車場はありませんので、隣接する市営相生駐車場(有料・最大507台)をご利用ください。

★お申込み締切(先着):11月15日(月)


②オンデマンド視聴参加について

定員/150名(応募多数につき、オンデマンド視聴参加の定員数を増やしました。沢山のご応募誠にありがとうございます。)
参加無料
配信期間/2021年12月21日(火)~2022年1月21日(金)
視聴方法/2021年12月21日(火)のお昼頃、ご登録メールアドレス宛に「講座視聴用URL」が記載されたメールをお送りします。講座視聴用URLをクリックすると動画配信サービスYouTubeにリンクしますので、そのままご視聴ください。
備考/オンデマンド視聴に参加される方には、事前に講演資料(レジュメ)を郵送いたします。

★お申込み締切(先着):11月15日(月)


お申込み方法

以下のURLよりお申込みをお願いします。
なお本フォーラムは、一日を通してのお申込みとなります。

●名古屋会場(10月21日)会場参加をご希望の方は、下記URLよりお申込みください。


刈谷会場(11月25日)会場参加をご希望の方は、下記URLよりお申込みください。


オンデマンド視聴参加をご希望の方は、下記URLよりお申込みください。


セミナー内容

【終了しました】10月21日(木)名古屋会場 全3講座/10:30~15:20(受付/10:00~)

■開会挨拶(10:30~10:40)

■セミナー1(10:40~11:20)
ウィズコロナ時代の健康経営『産業理学療法について』~産業保健領域における理学療法士の可能性~ 

老年人口の増加、生産年齢人口の減少、年少人口の減少に伴う、労働人材の確保は、医療・介護の現場においても 同様な課題を抱えています。今回、職業性腰痛予防をテーマに医療・介護現場に留まらない、製造業、事務職等、多種多様な労働環境における理学療法士の可能性を簡単な腰痛予防体操の体験も含めてご紹介します。

講師:社会医療法人 宏潤会 大同病院・大同みどりクリニック リハビリテーション科 主事/
公益社団法人 愛知県理学療法士会 産業保健事業部 部長 古田博之 氏

■セミナー2(11:25~12:05)
「不育症」をご存知ですか。~妊活中の社員の、心とキャリアを守るために~

流産・死産を繰り返す状態を「不育症」と言い、約5%の発生率です。心理的な負担が大きいため、人知れず悩み、キャリアを諦める妊活世代の社員もいるかもしれません。活躍できる世代の社員の心の健康とキャリアを守るため、是非この機会に正しい知識を得ていただきたいと思います。(主催/名古屋市)

講師:名古屋市立大学大学院医学研究科 産科婦人科 教授 不育症研究センター長 杉浦真弓 氏

■セミナー3/治療と仕事の両立支援セミナー(13:10~15:10)
【基調講演】13:10~14:10
治療と仕事の両立支援に向けた職場づくりのためにできること~難しさや不安をどこに感じてしまうのか~

例え病気があっても、治療を受けながら仕事を続けられたら、望ましいことだと多くの人は理解しています。しかし、いざ実際に行うとなると、患者も不安、受け入れる職場も不安、となって二の足を踏んでしまうこともあります。どこに難しさや不安を感じるのか、どうすれば両立支援に踏み出せるのか、一緒に考えていきましょう。

講師:産業医科大学 産業衛生教授 宮本俊明 氏


【企業の取組実例紹介】14:10~15:10
実例紹介① 鳴海製陶株式会社(NARUMI)
働き手の減少への危機感から両立支援へ、フレキシブルな勤務時間制度の導入

実例紹介② 株式会社愛知銀行
従業員と家族の健康こそが重要な財産~あいぎん健康宣言~

(主催/愛知県)
■閉会挨拶(15:10~15:20)

11月25日(木)刈谷会場 全2講座/12:50~16:00(受付/12:20~)

■開会挨拶(12:50~13:00)

■セミナー1(13:00~13:40)
ウィズコロナ時代の健康経営『産業理学療法について』~産業保健領域における理学療法士の可能性~ 

老年人口の増加、生産年齢人口の減少、年少人口の減少に伴う、労働人材の確保は、医療・介護の現場においても 同様な課題を抱えています。今回、職業性腰痛予防をテーマに医療・介護現場に留まらない、製造業、事務職等、多種多様な労働環境における理学療法士の可能性を簡単な腰痛予防体操の体験も含めてご紹介します。

講師:社会医療法人 宏潤会 大同病院・大同みどりクリニック リハビリテーション科 主事/
公益社団法人 愛知県理学療法士会 産業保健事業部 部長 古田博之 氏

■セミナー2/治療と仕事の両立支援セミナー(13:45~15:45)
【基調講演】13:45~14:45
治療と仕事の両立支援に向けた職場づくりのためにできること~難しさや不安をどこに感じてしまうのか~

例え病気があっても、治療を受けながら仕事を続けられたら、望ましいことだと多くの人は理解しています。しかし、いざ実際に行うとなると、患者も不安、受け入れる職場も不安、となって二の足を踏んでしまうこともあります。どこに難しさや不安を感じるのか、どうすれば両立支援に踏み出せるのか、一緒に考えていきましょう。

講師:産業医科大学 産業衛生教授 宮本俊明 氏


【企業の取組実例紹介】14:45~15:45
実例紹介① 鳴海製陶株式会社(NARUMI)
働き手の減少への危機感から両立支援へ、フレキシブルな勤務時間制度の導入

実例紹介② 株式会社愛知銀行
従業員と家族の健康こそが重要な財産~あいぎん健康宣言~

(主催/愛知県)
■閉会挨拶(15:45~16:00)

新型コロナウイルス感染症対策について

以下のご協力をお願いします。

●会場では検温・マスクの常時着用・手指消毒のご協力をお願いいたします。37.5度以上の体温の方は入場をお断りさせていただく場合がございます。
新型コロナウイルス感染症の感染拡大状況によって、会場開催を延期または中止にせざるを得なくなった場合は、本WEBサイトやメール等でお知らせをさせていただきます。

事務局

中日新聞広告二部「健康経営®フォーラム」係
TEL:052-221-0702(月~金 10:00~12:00、13:00~17:00 ※土日・祝日を除く)

共催:中日新聞社、株式会社保健同人社、全国健康保険協会愛知支部(協会けんぽ愛知支部)
後援:健康保険組合連合会愛知連合会

※「健康経営®」は、NPO法人健康経営研究会の登録商標です。