7月30日(金) 第2回PAアカデミー「コーポレートガバナンス改革、経営者報酬と人事」早稲田大学商学学術院 久保克行 教授

  • STEP1情報の入力

  • STEP2入力内容の確認

  • STEP3受付完了


PAアカデミー第2回は、早稲田大学商学学術院久保克行先生をお招きして、「コーポレートガバナンス改革、経営者報酬と人事」というタイトルでお話頂きます。

コーポレートガバナンスコード改訂での取締役のスキルマトリックスの定義等、取締役会や経営陣のあり方の議論が盛んになっています。
経営陣と報酬のあり方をどうしていくべきか、優れたトップマネジメントをどう養成していくべきか。次世代リーダーの人材要件をどう設定するか。効果的なサクセッションプランとは。
コーポレートガバナンス改革、経営者報酬と人事について、お話を伺います。
是非ご参加ください!

【第2回 ピープルアナリティクスアカデミー】
テーマ:「コーポレートガバナンス改革、経営者報酬と人事」
早稲田大学商学学術院教授 教授 久保克行 先生

◆開催概要
日時:7月30日(金) 14時〜16時
会場:オンライン (Zoom)
※URLは事前にメールにて共有いたします。
※参加者には、資料を共有いたします。


タイムテーブル (予定)
14:00~14:05 開始アナウンス・趣旨の説明
14:05~15:05 久保先生ご登壇
15:05~15:15 質疑応答
15:15~16:00 グループディスカッション / 発表 / フィードバック
16:00~16:10 クロージング / アンケート・感想記入
◆開催の背景
一般社団法人ピープルアナリティクス&HRテクノロジー協会(PA協会)理事である大湾秀雄教授のご協力のもと、早稲田大学 組織経済実証研究所とPA協会 の共催で、アカデミックな視点から、ピープルアナリティクスに関する学びを得るための講座を開始する運びとなりました。

参加企業・参加者が、講演・参加者同士のディスカッションを通じて、アカデミックな視点から、人事データ活用について学ぶ講座です。

◆コースの目標
・自社でピープルアナリティクスを実践するにあたっての概要・学術的な見識を身につけます。
・人事情報活用、ピープルアナリティクスチームの組成、人事データ分析者の採用、外部委託する際の判断軸の獲得など、自社の取り組みに活用いただきます。

◆参加資格
・ピープルアナリティクス&HRテクノロジー協会法人正会員
・早稲田大学 大湾研究室 E-ラーニング受講者 ※早稲田大学 研究交流事業

※オンラインで行う場合は一社4名まで、今後早稲田大学の教室で行う場合は一社2名までと制限させていただきます。5名以上のご参加をご希望の場合は、事務局までご相談ください。

お名前

 

メールアドレス

▼確認のため、再度メールアドレスの入力をお願いします。

属性
会社名・学校名

 

所属(部署等)

 

役職

 

グループディスカッションに参加する

ブレイクアウトルームでのグループディスカッションを予定しております。
他社との情報交換の場となりますので、ぜひお気軽にご参加ください。
人事以外の方も参加可能です。
当日どうしてもディスカッションに参加できない場合は、待機ルームに移動していただきますので、「いいえ」を選択ください。
【事前質問1】(グループディスカッション用)

1. 多くの企業で経営者報酬改革が行われているのではないかと思います。典型的には、固定給部分の減少、業績連動部分の拡大、業績連動報酬の指標としてROEなど、資本市場との関係の指標の重視、ストックオプションや譲渡制限付株式報酬の導入などが行われているかと思います。これらの変化は将来的には事業部長などの上級管理職にも適用されるべきでしょうか。それは何故でしょうか。
【事前質問2】(グループディスカッション用)

2. 新しい取締役を選任する際に、取締役としてどのような能力を持っているか、なぜその人が取締役として相応しいのかについて、社外取締役、投資家などの社外に対して説明する必要が以前よりも大きくなっているという見方があります。例えば、海外子会社のCEOとして業績不振の状況を改善した、というような経歴があれば投資家から見て、取締役として相応しいと考えられるでしょう。また、現在の取締役会に不足しているスキルを保有している人が取締役として相応しいと考えられるかもしれません。このように取締役の選任に外部の視点が強化される中で、将来の取締役候補としての上級管理職の評価基準も変化する可能性があるかと思います。御社において、上級管理職はどのような観点から評価されているのでしょうか。評価において、外部の視点が重視されてきているということはあるでしょうか。
【事前質問3】(グループディスカッション用)

3. 多くの企業において、将来の幹部候補の選抜・育成が大きなテーマになっているかと思います。御社では、将来の幹部候補について、どの段階から選抜・育成が行われているでしょうか。その際に、将来の幹部候補であることをどの程度本人に通知、あるいは公表してるのでしょうか。
御社において経営者の報酬を設計する際に事務局を担当する部署はどこですか

御社において経営者の報酬を設計する際に事務局を担当する部署はどこですか
御社は指名委員会(任意を含む)設置していますか

御社は報酬委員会(任意を含む)設置していますか

御社はCHRO(Chief Human Resource Officer (CHRO、最高人材責任者)を設置していますか

本セッションに期待することは何ですか

講師へのご質問

お問い合わせ・ご意見

協会事務局へ連絡事項やご質問、今後取り上げてほしいテーマなどがございましたらお知らせ下さい